HOME>レポート>暮らしに役立つ酸化チタンの特徴を知って活用しよう

暮らしに役立つ酸化チタンの特徴を知って活用しよう

資材

酸化チタンの性質について

酸化チタンは、チタンと酸素が化合したチタン酸化物の総称です。酸化数の違いにより?・?・?の3つの種類がありますが、一般的に酸化チタンと言うと、化学式TiO2の酸化チタン(?)のことを指します。酸化チタンは、天然ではそれぞれ結晶構造の異なる金紅石・板チタン石・鋭錐石として産出されます。また、工業的には、チタン鉄鉱であるイルメナイトや金紅石を原料に製造されています。非常に安定性の高い物質で、ダイアモンドを超える屈折率を持っていることでも知られています。その他にも、優れた白色度や紫外線散乱効果、あるいは強い隠ぺい力や着色力など、さまざまな化学的性質を有しているため、私たちの暮らしの数多くの場面で利用されています。

作業員

様々な用途がある

酸化チタンは、その優れた化学的性質により様々な用途で利用されています。具体的には、まずメーキャップや日焼け止めなどの化粧品が、私たちの暮らしにとって最も身近な存在だと言えるでしょう。また、人体に対する影響が小さいと考えられていることから、食品や医薬品の着色料としても利用されています。もちろん、絵具・塗料などの白色顔料に使用されることは言うまでもありません。その他にも、光による反応を利用したオフセット印刷や化学物質・微生物の分解、あるいは光触媒としても酸化チタンは活用されています。近年では、太陽電池の重要な材料のひとつとして注目されるなど新たな利用方法も発見され、私たちの毎日の中で酸化チタンの用途はますます広がっています。